地味で暗いけど最近見たとても感動した映画

私の主人が北野武監督作品が好きで、初めて2人で観たDVDはアウトレイジ、初めて2人で映画館に行って観た映画がアウトレイジ最終章というくらいです。ある日主人がギックリ腰をやったので、私がDVDを借りてきてあげることにしました。主人はドラマも観ない人なので、適当に好きそうな映画をチョイスしていると、北野武監督のHANA—BIを見つけたので借りました。私にとって北野作品=アウトレイジになってしまっていたので冒頭の絵画を無声で映して行くシーンや、鎌倉の風景のシーンで衝撃を受け、良い意味で裏切られました。アウトレイジのバカヤローこのヤローの応酬(あれはあれで好き)とは対照的に台詞が極端に少ないのがこの映画の特徴でもあります。また全体を貫く不条理な暴力と、そこから垣間見える純粋さがただただ綺麗な映画でした。強いて言うならゴダール作品的な。何映画かと問われれば、任侠と答える方もいるかもしれませんが、私にとっては完全に恋愛映画です。私はこの映画を観た後、主人が愛しくてしょうがなくなりました。是非、観て観てください。