私の主人が北野武監督作品が好きで、初めて2人で観たDVDはアウトレイジ、初めて2人で映画館に行って観た映画がアウトレイジ最終章というくらいです。ある日主人がギックリ腰をやったので、私がDVDを借りてきてあげることにしました。主人はドラマも観ない人なので、適当に好きそうな映画をチョイスしていると、北野武監督のHANA—BIを見つけたので借りました。私にとって北野作品=アウトレイジになってしまっていたので冒頭の絵画を無声で映して行くシーンや、鎌倉の風景のシーンで衝撃を受け、良い意味で裏切られました。アウトレイジのバカヤローこのヤローの応酬(あれはあれで好き)とは対照的に台詞が極端に少ないのがこの映画の特徴でもあります。また全体を貫く不条理な暴力と、そこから垣間見える純粋さがただただ綺麗な映画でした。強いて言うならゴダール作品的な。何映画かと問われれば、任侠と答える方もいるかもしれませんが、私にとっては完全に恋愛映画です。私はこの映画を観た後、主人が愛しくてしょうがなくなりました。是非、観て観てください。

今年もサッカーのJ1リーグが開幕しました。
私の応援しているサンフレッチェは昨年は15位となり何とかJ1への残留を決めました。
昨年はリーグ戦で最後までJ2への降格圏にありファンの気をもませたサンフレッチェですが、今年は新しい監督を迎え気分一新してリーグ優勝を狙えると思います。
残念ながら資金力の乏しい地方球団のサンフレッチェは2年連続の優勝もしている名門です。
それにもかかわらず優勝時に活躍した主力選手たちが資金力の闊達なチームに次々と引き抜かれてしまいました。
折角チーム全体で戦力を向上させたとしても、主力の選手たちがいなくなっては戦力は当然落ちてきます。
これも資金力のないチームの致し方のない宿命かも分かりません。
しかし今年こそ何んとしてもチーム一丸の頑張りと努力で最高の成績を残して欲しいものと思っています。
幸い2018年の開幕戦は1-0で見事勝利を飾ることが出来き最高のスタートとなりました。
これからもキャンプで培ってきたチームの連携プレーと各自が磨いてきた技で、なんとしても2018年のシーズンを見事に勝ち抜いて欲しいと思います。
そしてシーズンの終わる時期には選手とファン一緒に美味しい酒を酌み交わしたいと思います。
頑張れサンフレッチェJ1の頂点を目指してと心から応援したいと思います。すっぽん小町 販売店