上野動物園のパンダのシャンシャンは、6月12日で満1才になりました。お母さんは、シンシンです。お誕生日おめでとうございました。
パンダはレッサーパンダ科のレッサーパンダと哺乳網食肉目クマ科に属するジャイアントパンダの二種に分かれるとのことで、上野のパンダはジャイアントパンダです。
上野ではお誕生日カードを来園者に配ったそうで、長蛇の列になったようです。
パンダといえば、小さい頃パンダが見たくて親に上野動物園に行きたいとせがんだものです。しかし、上野に行くには新幹線利用しないといけない遠方、テレビで行列の様子を見るだけでした。
そのパンダは【カンカン】【ランラン】でした。1972年10月、日中国交正常化によりパンダが、中国から贈られることになったのです。日本のパンダブーム、長い行列が続きました。
月日が立ち、就職して上野動物園に行く機会がありました。でも、その頃パンダの不在だった頃で見れず仕舞い。
まだ見たことがありません。今年こそはパンダに会いに行きたいと思っています。

私がお手洗いに入っていたら娘がドアを開けたので思わず怒ってしまいました。ドアを開けられるのはいつものことなのですが、夫が帰宅していたのでさすがにオープンにお手洗いをするわけにはいかないと思ったんです。
しかし娘が「トイレ〜」と言いながら泣き出したんです。なるほどお母さんの所在確認の為にドアを開けたんじゃなくてお手洗いを使用したくて開けたんですね。
急いで用を済ませてお手洗いを出ました。するとお手洗い前の廊下にウンチが落ちていました。なるほど間に合わなくて泣いてしまったんですね。落ちているってことはパンツを脱いでやっちゃったのかと思ったのですが、パンツの隙間から落としただけでパンツもしっかり汚れていました。まあまだオムツが外れて2ヶ月ほどしか経っていないのでこんなこともありますよ。2階にもお手洗いがあるんだしなんとかならなかったのかなとも思いますが、こんな光景もトイレトレーニングの時に見慣れてしまいましたね。やれやれ、お手洗いくらいゆっくりさせてもらいたいものです。

ネットで話題になっていたマクドナルドのシェイクのチェルシーアジを買って飲みました。
期間限定品とかは特別興味がない方なのですが、シェイクが好きなことと子供の頃チェルシーが好きだったこともありこれは飲みたいと思ったのです。
確かこの商品は最初ツイッターのフォロワーさんが載せているのを見て知りました。
飲んでみた感想ですが、これは正しくチェルシーでした。
表現が下手ですが、チェルシーを溶かしてシェイクにしてしまったという味で普通のシェイクと比べるとかなり甘さが強調されています。
甘い物は得意ではないのですが、このような甘さは大丈夫です。
ただ、ネットで感想を見ていると甘すぎて気持ち悪かったという人もいるようでした。
確かにあの味は人を選ぶ味だと思います。
チェルシーとシェイクどっちも好きな人にしかお勧め出来ないかも知れません。
そんな私も甘過ぎてちょっとむせってしまいました。
また飲みたいですが暫くマックに行く予定がないのでもう飲めないかも知れません。アイトレーニング やり方

朝の七時半に子供が学校に行き、三時半に帰宅するまでの間、私は1日だらだらのんびり好きなように過ごしているわけですが、こんなに毎日好きなことをしていても、全然満たされないんです。
子供が帰ってくる時間が近づいてくると、ため息がでます。
もう終わってしまった。またバタバタの時間が過ぎていく、と思うと、子どもが帰ってくるのが嬉しいという気もちをだるさが上回るんです。
帰ってきたら家の中はもううるさくてうるさくていらいらします。
ひとりにさせてよ!と思います。
さっきまであれだけ一人で好きなことをしていたのにですよ。
そして、今何が一番必要ですかなんていうアンケートにはいつも、自分一人になれる時間がほしいなんて書いていて、いやいや、めちゃくちゃあるじゃない!と一人で突っ込んでしまうんです。
あってもあっても足りないくらい今の私はストレスが多いみたい。いつになったら、心が満たされる日が来るのでしょうか。
自分でもわからないんです。うなじ脱毛 ミュゼ

年末になると「今年の漢字」が決まりますが、毎年その年を象徴する漢字が選ばれます。

例えば、2011年は「絆」でした。
2011年といえば、忘れてはならない大震災の年で、誰もが命の大切さや助け合う心などの絆を感じたことでしょう。
2012年は「金」でした。
金環日食やオリンピックで金メダル獲得、さらに震災1年後ということでお金をめぐる問題も多数起きました。
2013年は「輪」でした。
2020年東京五輪が決定したのはこの年でした。
また、フィリピンの台風支援など、人々の輪が注目された年でした。
2014年は「税」でした。
消費税が8%に上がったのはこの年でした。
その後も消費税10%への増税案の取り下げなど、税の年となりました。
2015年は「安」でした。
誰もが関心を持った安保法案や、とにかく明るい安村の「安心してください」の流行、さらにはテロによる不安感などが選ばれた理由でした。

「今年の漢字」を振り返ることで、その年に何が起きていたのか思い出すきっかけになりますね。

私もそれほどマメな性格だとは言えないのですが、少なくともお母さんよりは、掃除や片付けはこまめにしていると思います。
お母さんは面倒くさがりというのではなくて、あまり家の中を掃除するという概念がないような気がするんですよね。
例えば食器やお風呂だとか、トイレの掃除はしているし、もちろん洗濯機で洗濯もします。
でも、お母さんのしない掃除というのは、例えばキッチンやリビングの床に掃除機をかけて拭いたり、冷蔵庫の中を拭いたりすることです。
それから、絶対にその存在を忘れているというのが、車の洗車です。
ときどきお母さんの車を使わせてもらうことがあるのだですが、滅多なことがない限り洗車をしないので、だいたい出かける前に洗車するところから始まります。
砂ぼこりがついているくらいというのはまだ優しいほうで、鳥のフンとかがついていることも珍しくありません。
どうせきれいにしてもすぐに汚れてしまうものではあるのですが、さすがにきれいにしておこうよと言いたくなってしまうくらい汚かったりします。
まあ、何度言ってもお母さんが自ら洗車に行くことはないので、もう諦めて私が洗車することにしています。お金借りる 夜間

先日、仕事関係の普及活動を目的とした体験活動のお手伝いをしてきました。
普段は一対一で仕事をしているので、いろいろな人が行き来している環境で作業するのは緊張しました。
ある意味その場の判断力も試されるものなので、自分の今の力量も試されるものでした。
普段は時間をかけて対応するのを短時間で結果を出さなくてはいけないので、いい刺激になりました。

まだまだ自分では届かないような、先輩方の作業も近くで見ることができ、
手際の良さに次元の違いを感じたり、
久しぶりに会った同期も少ない動作でしっかり結果を出していて、
胃がキリキリするような焦りがありました。
でもそれはまだまだ自分の努力が足りてない証拠だと思うので、
気持ちを切り替えて頑張らなくてはと思いました。

実際活動していても、利用してくださる人は一握りです。
ですが、今回の活動が地域の人たちの何かあった時の選択肢として選ばれるように、
自分たちの仕事の質の向上につながるようにしていきたいです。
また来年も活動予定とのことなので、次回はもっと自信をもって取り組めるように、
頑張っていきたいと思います。

いつぞや、はなはだ太ってしまって色々なシェイプアップにチャレンジしたことがあります。当時流行っていたやり方や、定番のものを大勢試しては失敗し続けて最終的にはランニングで痩せこけることができました。それからリバウンドガードや健康の結果もあって走り回ることは続けていますが、それ以外でも太らないように気をつけるようになりました。
太って仕舞う、というのは結局食べたカロリーと動いたカロリーの均整なので、食するのが好きな方はそれ以上に動作すればセキュリティではあります。何となく食するボリュームは切り落としたくないという場合には、体内を切り回すランニングや水泳を週間に3,4回ほど行えば太りはしないと経験上思います。
上、寝る寸前に食事をとめるということも大事です。これは腹が空いたら寝て仕舞うという企画が至高すばらしいような気がします。朝食を大勢食べるというのは健康にもよくていいですし、伝統化すればけして無理ではないと思っています。

まだまだ都内どころか都心でも、一本奥の細い道に入れば、電柱や電線はたくさん残っています。
少し前に、都知事か誰かが、「東京オリンピックまでに電線をなくす」ということを標榜していたような気がします。
もちろん全部というわけではなく、主要な幹線道路や、景観を損なうような場所を重点的に、ということだとは思っています。
しかし、現在の状況を見ると、こうした電柱や電線を、数年で地中に埋設するというのは、なかなか難しいのではないでしょうか。
また、電柱を伝っているのは電線だけではなく、昔ながらのアナログの電話線もあります。
アナログの電話線は、ノイズの影響を受けやすく、電線とは異なり、埋まればよいという問題ではなかったりします。
電話線だけを地上に残すのか、それとも、光回線化して、それらも含めて埋設するのか、そういう話になってくるのではないでしょうか。
私にとってはなくてはならないものではありますが、人によってはインターネット回線は不要だと考えている人もいるでしょう。
そういう人にとっては光回線というのは何も恩恵をもたらさず、工事の手間だけがかかるものなので、一筋縄ではいかないような気もしてしまいます。

 ほんとあり得ないですね。年末になるとどうしてこう頭の悪いクレーマーが増えるのか理解できないです。老害も多いし、頭の悪い痴呆も徘徊してるしでたまりません。もうできないならやらなくていいよと教え子の一人は強く言って放つとキレられすし自分がしっかりと教わったことを何回も言われてもできないからそう言われても仕方ないんだと言ってるのに守れない。教えた通り何回でも教えても理解しないむしろ反抗期を理由に口答えそれでは教えるこっちが疲れてくるし、糠に釘に徒労ではやる気が全く出てこないし、いい加減にしろと思います。対して何もできないくせに偉そうにグチャグチャと口答えしてと思います。自分がどうしてどこが悪かったのか反省すると言うことがいまの若い子はできてない気がします。世間が甘くなったせいなのでしょうね。個性ばかりを視聴するのはそれは個性とは言わないし、個性と言うのは相手が初めて理解して個性なのです。ずっとゲームばかりして将来が安泰なら私だってもう安泰でしたよ。そうでないから苦労してるのにあたかも分かってるような態度腹立ちます。アリシア トライアル